住宅ローンの延滞が続いている状況で銀行から任意売買という言葉を聞きました。調べてみると任意売却という言葉が多く使われています。任意売買と任意売却とは何がどう違うのかを解説し、任意売却とは、どういうものなのか具体的に説明します。

催告書とは? 最終通告書とは?

  • HOME »
  • 催告書とは? 最終通告書とは?
住宅ローンの支払いが無い場合に、銀行(金融機関)が催促する書類。
住宅ローンの延滞が数回続き、督促状が送付されてもなお、住宅ローンの返済遅延が解消されない場合、法的手続き(強制執行いわゆる競売)に入る前に最終通告として、現在残っている住宅ローンの残高全部の金額返済を求めるものです。
  • 催告書
平成25年5月5日付金銭消費貸借抵当権設定契約証書に基づく貸付金については、期限の利益を放棄されましたので、上記契約証書より下記貸付残元金の全部、並びに利息及び遅延損害金等を平成28年9月9日迄にお払込み下さるよう催告します。上記期限迄にお払込みがない時は、やむを得ず法律上の手続きをとりますから予めご承知おき下さい。残元金 24,566,379円 ・・・
  • 最終通告書
前略 あなた様におかれましては、機構からの再三の督促にもかかわらず、長期にわたって延滞しており、現在も状況は改善されておりません。つきましては、延滞割賦金を含めた残元金全て及び遅延損害金の一括返済請求の手続並びに担保物件の競売も含む強制執行等の法的処置の準備を行なっておりますので、あらかじめご承知おき願います。上記、通告いたします。・・・・

電話・メールでご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

PAGETOP